世界各国の大統領関係者や大使、政府関係者、大企業など
国を代表するようなトップレベルの最上流の方が
こぞって賛同する世界通貨協議会(通称WCC)。

何故、多くの国がこの世界通貨協議会に賛同するのか。

それは、トップレベルかつ
最上級な階級の方や上場企業は近いうちに
”第2のバブル”が来ることを確信をしているからです。

その第2のバブルに乗る為に、加速させる為に
結成されたのが世界通貨協議会(通称WCC)であり、
第2のバブルが目前と迫っている事を
多くの情報強者は知っているが、
一般の方はほとんどが知らない状態なのが今の現状です。

ですが、世界通貨協議会のメンバーは確信をしています。

2019年に、空前絶後の

”巨大な第2のバブル”

が起こる事を。

そのバブルは、もう一般の方が知らないだけで、
実は間近に迫っているのです。

そもそも第2のバブルがあるという事は、
第1のバブルというのはなんだったのか。

勘のよい方であれば分かる方もいると思いますが、
最も記憶に新しいバブルというのは紛れもなく、
仮想通貨バブルだったのではないでしょうか。

それがはじけてしまい、一部の方だけが儲けることができ、
多くの方が損をしてしまったのではないでしょうか、
そもそもの話として

訳なのです。

誰も知らないうちに買っている人は、
信じられないほど儲ける事ができました。

実際、ビットコインは9年前の2010年の価格は、
たったの7円でした。

そこから最高値200万円を突破したのは
記憶に新しい事かと思います。

ビットコインだけではなく、他の通貨も何百倍となり、
億り人という新しい言葉が生まれ、

「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」

という言葉は世界中から認知されるようになり、
一般の人でさえも知れ渡るようになりました。

一般の人ですらも知るほどに認知度は上がり、
そこから一気にビットコインは大暴落。

つられて他の価格も下がる
といった現象が起きてしまいました。

これからまた再度、仮想通貨バブルが来るのではないか
と願う方は大勢います。

しかし、ここで断言させて頂くのですが、

と言われているのです。

これはただ単純に予想とか
世界通貨協議会が勝手に言っているとか、
そういう訳ではなく、
しっかりとした根拠があって出た数字です。

控えめに言って

”1000倍”

と言われている程です。

その根拠や証拠も、
今回は全てお見せしようと思っています。

また、本当に大統領クラスの方や
政治家や大使の方が参加されているのか、
上場企業や大企業と提携しているのか
という部分も全て証拠がありますので、
そちらも全部見せていきます。

やはり、各国の大統領クラスや大使の方が
賛同されているという事は、
しっかりとした情報をお伝えしなくてはいけませんし、
コンプライアンス的に嘘であったり、
誇大的な表現はできないのです。

それを踏まえた上で、
仮想通貨市場の1000倍以上の
バブルが起きると断言をさせて頂きます。

そして、この第2のバブルに乗るために
実は必要になってくるものがあります。

その第2のバブルに乗る為の鍵となるのが


なのです。

世界通貨というのは
史上初の新しいものになります。

この世界通貨を作る為に、
世界通貨協議会は結成されたと言っても
過言ではありません。

”世界通貨”というものが、
第2のバブルに実は非常に大きく関わってきます。

今回、1000倍規模のバブルが起こる根拠や、
「世界通貨」とは一体なんなのかという事を
具体的にお伝えしていきます。

そして、「世界通貨」を今回
初めて無料でお渡しさせて頂きます。

実際に第2のバブルに乗る体感を
登録された方全員にしてもらおうと思っています。

もし、あなたが以前の仮想通貨以上の
空前絶後の大バブルに乗りたいのであれば、
今すぐ登録をして頂く事をお勧め致します。

世界通貨協議会(通称WCC)が出来たことにより、
大企業や国のトップが政府と手を組んで
法的な整備を進めています。

その法的な整備が整った時が
次の第2のバブルがやって来るのです。

つまり、ルールに乗る側だけではなく、
ルールを作っている側であること。

ルールを作る(仕掛ける)側が結果を出した時の恩恵は、
過去の事例をとっても明らかです。

合法的なインサイダーのような状態が出来てしまうのです。

ルールを作り、バブルに乗り、バブルを加速させていく。

それが最大のバブルの恩恵を得る方法だと
トップレベルの方々は気がついている。

だからこそ、世界通貨協議会は多くの偉人が参加され、
そして今年中には20カ国の国のトップクラスの方々が賛同され、
来年中には50カ国が参加予定となっています。

これだけの国や大企業が賛同してくれるという事は、
それだけの明確な根拠がなければ、
まず動くはずがありません。

そして、国のトップが動くという事は、
プロジェクトの失敗はまずありえないのです。

国を掲げての壮大なプロジェクトだという事は
もうお分り頂けましたでしょうか?

それもそのはずです。

なぜなら、、

からです。

だからこそ、こぞって国々のトップレベルの方々が
自分達もその波に乗りたいと参加をしたがって、
うずうずしているのです。

本格的に大盛り上がりをするのは
もしかしたら来年かもしれませんが、
今年中にバブルが来る事は
確定していると言っても過言ではありません。

そして、
私自身も世界通貨協議会(通称WCC)の代表として、
国のトップや大企業、お金持ちの方だけが
第2のバブルに乗るのではなく、
一般人の方にも第2のバブルに乗って頂き、
一緒に盛り上げていきたいと思っています。

その為に今回の企画を考えさせて頂き、
今ネットニュースや新聞で取り上げられている、
世界通貨協議会(通称WCC)とは何なのか、
世界通貨とは何か、第2のバブルは一体どういうものかを
包み隠さず全てお伝えしていきたいと思います。

投資助言業の会社などいくつかの会社役員を務め、事業譲渡やM&Aを経験。

一般社団法人日本国際芸術文化協会の理事も務め、各国の大統領や大使に浮世絵外交を行い、浮世絵セミナーなどをしながら世界各国を周る。2018年第一次仮想通貨ブームで大きな利益を得て、ブロックチェーンの聖地エストニアで会社を設立。

暗号通貨に関する研究家としても活動していて芸能人とプロアナウンサーがインタビューする"暗号通貨TV"への出演(計7本出演)

現在は時価総額2兆円を超える企業や王族や大統領関係者と共に国家的プロジェクトである世界通貨協議会(通称WCC)を代表として運営している。

Gホールディングス株式会社は国際特許を取得した「カーボンナノホーン」素材があり、これは世界最小サイズのスーパー素材で、それらのマテリアルを活用し空気から水を作る事業や新たな発電システムの開発を初め、RFIDタグとブロックチェーンを組み合わせて物流革命を起こす「nano-tag」も開発している。

日本では第1種旅行業や在日米軍公認支援の会社など数社の執行役員も務め、現在はイギリス国立大学の海外MBA candidateでもある。

ライセンス:エストニア国のWallet(FRK000312)とExchange(FVR000372)を取得
一部書籍:かんき出版より『100番目のメッセージ』


【カンファレンス記事】
http://global.noor.jp/worldcurrencyconferencenewspaper.jpg




【グノシー】
https://gunosy.com/articles/ag2DV/




【楽天Infoseek】
https://news.infoseek.co.jp/article/globalnewsasia_5495/




【@nifty】
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12137-5495/




【excite】
https://www.excite.co.jp/news/article/Global_news_asia_5495/




【ニコニコ】
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4783639?news_ref=media367_media367




【Aisa観光経済新聞】
http://m.asiacenews.com/news/articleView.html?idxno=6159



本ページでは当方の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。当方はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。当方の商品をご購入された場合や当方に個人情報を登録して頂いた場合は、当方のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。
お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。
個人情報の収集
当方では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。当方に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。
個人情報の保護
当方は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。
個人情報の利用
当方は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
当方は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、当方は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。
個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
当方は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、当方が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が当方経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、当方は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。
登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。
プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、当方からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。当方の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。